• 差分
  • リロード
  • 一覧
  • 最終更新のRSS

Ubuntu

Xubuntu 18.04 Bionic Beaver

設定 - ソフトウェアとアップデート

  • 「セキュリティアップデートがあるとき」 「すぐに表示」
  • 「その他のアップデートがあるとき」 「すぐに表示」

CapsLockをControlにする

/etc/default/keyboardを変更。

XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

Japanese Team レポジトリ

https://www.ubuntulinux.jp/japanese を参考。

パッケージアップデート

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade

「言語サポート」をチェック

未インストールパッケージをインストール。

日本語Remixパッケージをインストール

$ sudo apt install ubuntu-defaults-ja

fctixの設定

  • 削除: Ctrl+Space, Ctrl+Alt+B, Ctrl+., Ctrl+Alt+S, Ctrl+Alt+P
  • 全体の設定 - 外観 - 入力メソッドを切換後に入力メソッドのヒントを表示: 無効
  • Clipboardプラグインを無効化。

mozcの設定

従来通り。

いくつかパッケージをインストール

$ sudo apt install emacs
$ sudo apt install build-essential git curl lv byobu vlc

xorg.conf

/etc/X11/xorg.confを作成し、

Section "Screen"
	Identifier	"Default Screen"
	DefaultDepth	24
	SubSection "Display"
		Modes    "1360x768"
	EndSubSection
EndSection

を設定。

ユーザセッションのディスプレイ解像度は「設定」から設定可能だが、これではlightDM(ログインスクリーン)の解像度が設定できないので。

byobu

プロンプトは普通でいい。

$ byobu-disable-prompt

さすがにそろそろtmuxに乗り換えるか。。

/.byobu/.tmux.confを設定

bind-key -T prefix 2    split-window -v
bind-key -T prefix 3    split-window -h
bind-key -T prefix C-^  resize-pane -U 5
bind-key -T prefix C-~  resize-pane -D 5
bind-key -T prefix C-]  resize-pane -R 5
bind-key -T prefix C-}  resize-pane -L 5
bind-key -T prefix +    select-layout even-vertical
bind-key -T prefix *    select-layout even-horizontal

/.bashrcからpromptの読み取りをコメントアウト。byobuが勝手に色テーマを変えるのは嫌い。

~/.config/users-dirs.dirs

いつもどおり設定。

~/.config/xfce4/terminal/terminalrc

設定ダイアログはかなりよくなった印象。細かくカスタマイズできる。

ColorForeground=#000000000000
ColorBackground=#ffffffffffff
TabActivityColor=#0f0f49499999
FontUseSystem=TRUE
ShortcutsNoHelpkey=TRUE
ShortcutsNoMenukey=TRUE
ShortcutsNoMnemonics=TRUE
ColorSelectionUseDefault=TRUE
ColorBoldUseDefault=TRUE

xfce4設定マネージャ

  • ウィンドウマネージャ
  • パネル
    • 下寄せ
    • 背景色はシステムデフォルトで、不透明度 100
    • なんか通知系のプラグインがたくさんあるけどなんなんだ??
      • systray-4
      • indicator-6
      • statusnotifier-7
    • 時計プラグイン(clock)で表示のカスタマイズができるようになった。
  • 外観
    • Gtk-Mejiroテーマ
    • フォントはSansとMonospace
    • ヒンティングはなし
    • アイコンはElementary Xfce
  • リムーバブルデバイスとメディア
    • 自動マウントや自動再生はなし
  • セッションと起動
    • 「起動時にGNOMEサービスを起動する」をOFF
    • 「自動開始アプリケーション」でblueman-appletをOFF、シークレットストレージサービス(GNOMEキーリング)をON
  • キーボード (アプリケーションショートカット)
    • emacs: Super+E
    • xfce4-terminal -x byobu: Super+B

日本語フォント

デフォルトフォントはNoto CJK JP系になったようだ。

$ fc-match sans
NotoSansCJK-Regular.ttc: "Noto Sans CJK JP" "Regular"

等幅フォントはTakaoに比べるとちょっとタテ長のような。VLゴシックに似ている。 縦長なのはダサいと思うけど、全角と半角をちゃんと揃えるためには仕方ないのかな。

なぜデフォルトフォントが変更になったのか?

ざっくりいうと、Takaoでは日本語・中国語混合環境でフォント選択がうまくいかないらしい。ほう。

しばらく使ったが、どうもNotoフォントは好きになれない。日本語フォントもあまりきれいじゃないし、そもそもASCII文字のグリフも好みじゃない。

Takaoフォントをインストールした。

$ sudo apt install fonts-takao

fonts selectorも含まれているようで、これをインストールするとSansやMonospaceなどのデフォルトフォントがTakaoに切り替わるようだ。

git

git branchもpagerを使うようになったようだ。正直、これはうっとうしい。また、Emacsのshell modeだとpagerがうまく動かないのでいろいろ設定をする。

$ git config --global core.pager envlv
$ git config --global pager.branch false

envlvは以下のスクリプト。TERM環境変数を見て動作を切り替える。

#!/bin/sh

if [ "x$TERM" = "xdumb" ]; then
  exec cat "$@"
else 
  exec lv -c "$@"
fi

Emacs

とりあえずaptでいろいろインストール。

$ sudo apt install emacs-goodies-el magit haskell-mode emacs-mozc

doxymacsはaptパッケージがなくなっている。

追加パッケージインストール

MELPAでインストールする。https://stable.melpa.org/packages/ を使用。

  • yasnippet-0.13.0
  • markdown-mode-2.3
  • elscreen-2018snapshot3snapshot21

doxymacsってMELPAにないのか。。

問題: shellモード起動時に別Windowが切られる

これか? https://emacs.stackexchange.com/questions/28909/how-i-can-open-shell-in-current-buffer

shell関数の中でpop-to-buffer-same-windowを使っていたものをpop-to-bufferに改めたせいか。

https://github.com/debug-ito/debug-ito-emacs-env/commit/08bc1a3b3092ac647237cd627bee82322372e7e4 で解決。

問題: popwinがうまく動かないかもしれない

popwinもだいぶ古いし、Emacsの進化について行けてないのかもしれない。

というか、Emacs側の進化の結果、popwinが必要なくなったのだろうか?試しにpopwinを無しにしてみた。

popwinを使う一番の動機はshell-modeでのコマンドライン補完の*Completion*ウィンドウをサクっと閉じたいということだったんだけど、なんか今のEmacsだとpopwin無しでちゃんとできてる。やるやん。

elscreenのインストール

melpaからelscreenをインストールしようとしたが、エラーが出る。

Compiling file /home/toshio/.emacs.d/elpa/elscreen-2018snapshot3snapshot21/elscreen-wl.el at Fri Nov 30 11:51:08 2018
elscreen-wl.el:27:1:Error: Cannot open load file: そのようなファイルやディレクトリはありません, wl

あれ、、でもelscreen自体はインストールされているようだ。。

Vivaldi

https://vivaldi.com/download/

ここから.debファイルをダウンロードしてインストール。

$ sudo dpkg -i vivaldi-stable_2.1.1337.51-1_amd64.deb

プロファイルは.config/vivaldi/Defaultにあるので、そこからブックマークをインポート。

アドオン

キーリングのパスワードを要求される

Vivaldiの起動時にGNOMEキーリングのパスワード入力を要求される。どうやらVivaldi(Chromium)は(Xubuntuの環境だと)GNOMEキーリングを利用してサイトパスワードを管理したりするらしい。

参考:

いまいち解せないが、~/.local/share/keyring以下をいったん削除してVivaldiを開き直し、キーリングをてきとうなパスワードで再作成。さらにVivaldiを開き直し、ログイン時に自動的にキーリングを解錠するオプションをセットした。

それによって解決したかに見えたが・・・、翌日起動してみたらまたパスワードを求められる。なんなんだよこれ。

「自動起動アプリケーション」からGNOMEキーリングのシークレットストレージサービスを有効にしてみた。これで解決したか?

GtkのEmacsキーバインド

https://github.com/debug-ito/GtkEmacs-debug-ito

rsnapshot

インストール。

$ sudo apt install rsnapshot

Haskell

GHCをインストール。

$ sudo apt install ghc ghc-doc

stackをインストール。https://docs.haskellstack.org/en/stable/install_and_upgrade/#ubuntu に従う。

Perl

cpanmをインストール。

$ sudo apt install cpanminus

環境変数を設定。

export PATH="$HOME/perl5/bin:$PATH"
export PERL5LIB="$HOME/perl5/lib/perl5:$PERL5LIB"
export PERL_CPANM_OPT="-l $HOME/perl5"

cpanmをアップデート。

$ cpanm App::cpanminus

EVとBusyBirdをインストールしてみる。

$ cpanm EV BusyBird

問題なし。

その他もインストールしてみる。

$ cpanm Net::Twitter Net::Twitter::Loader \
  BusyBird::Input::Lingr BusyBird::Input::Feed Async::Queue DateTime::Event::Cron JSON App::Ack

問題なし。

Steam

https://store.steampowered.com/about/ からダウンロード、インストール。

$ sudo apt install python-apt
$ sudo dpkg -i steam_latest.deb
Last-modified: 2018-12-07 (金) 22:15:27 (2d)