• 差分
  • リロード
  • 一覧
  • 最終更新のRSS

Xubuntu 9.04 Jaunty Jackalopeインストールメモ

インストールとセットアップ

インストール

  • 普通にCD-Rからインストール
    • IntrepidあたりからネットワークコンフィグはNetworkManagerがほぼ全部担当することになってるようだ。
  • まずはアップデート

日本語レポジトリの追加

  • http://www.ubuntulinux.jp/products/JA-Localized に書かれている指示に従った。
    • コマンドを叩いて日本語版レポジトリの情報を追加する。
    • アップデート
      $ sudo apt-get upgrade
    • [システム] - [言語サポート]で日本語パッケージを補完する。
    • 日本語ローカライズパッケージをインストール
      $ sudo aptitude install ubuntu-desktop-ja
  • 日本語版セットアップヘルパから以下をインストール。
    • gjiten
    • thunderbird
    • ttf-umefont
    • flashplugin-installer
    • xpdf-japanese
    • poppler-data
    • emacs-env-ja
    • latex-env-ja
    • latex-extra-ja
    • ttf-ipafont
    • ttf-ipamonafont
    • lha-sjis
    • adobereader-jpn
    • adobereader-jpn-ipamonafont
  • Xコアフォントをインストール
    $ sudo aptitude install xfonts-ayu xfonts-shinonome
  • Thunderbirdの日本語パッケージが、APT上ではインストール済みなのになぜか実体のファイルは消えていた。 再インストール。
    $ sudo aptitude reinstall thunderbird-locale-ja

restricted関係

  • restricted関係をまとめてインストール。
    $ sudo aptitude install xubuntu-restricted-extras
    日本語版セットアップヘルパには含まれなくなったのか。

日本語フォント環境セットアップ

フォント周りをセットアップする。基本的なポリシーは、

  • 文字化けが起こらないように
  • 残念な東風フォントはあまり使いたくない

の2点。主にPostscript, DVI, PDFの日本語表示についての設定なのだと思う。

まずはフォント関係パッケージをインストールしておく。

$ sudo aptitude install cmap-adobe-japan1 gs-cjk-resource

具体的になんなのかはよく分からなかったりするが、備えあれば憂いなしということ。

次に、東風フォントよりもIPAモナフォントを優先するように設定する。 /etc/defoma/hints/ttf-ipamonafont.hintsを開き、Priorityの項を修正する。

begin /usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipag-mona.ttf
  Family = IPAMonaGothic
  (中略)
  Priority = 60
  (中略)
end
begin /usr/share/fonts/truetype/ipamona/ipam-mona.ttf
  Family = IPAMonaMincho
  (中略)
  Priority = 60
  (中略)
end

東風フォントのPriorityは50に設定されているので、これによってIPAモナフォントがより優先されるようになる。 以下のコマンドで設定を反映させる。

$ sudo defoma-font reregister-all ttf-ipamonafont.hints
$ sudo update-vfontmap

ただ、上記の設定だけではフォントを見つけられないらしいので、

$ cd /usr/share/fonts/truetype
$ sudo ln -s ttf-ipamonafont/ ipamona

として、シンボリックリンクを張っておく。 *1 (2009年11/04にバグフィックスがリリースされ、この作業はいらなくなったようだ)

さらに、LaTeXで奥村先生のクラスファイル(jsarticleとか)を使う場合、このページに書かれている作業が必要かもしれない。

参考:

X関係の設定

  • 「制限付きドライバ」のアプレットから、「NVIDIAの高性能グラフィックドライバ version 96」をインストール。
  • せっかくインストールしたが、下記のデスクトップの描画が重すぎる問題を解消するために、オープンソースのnvドライバに変更。
  • Capslockを封じたいが、、、ドライバがkbdからevdevに変わっているせいでどう設定すればいいのかよく分からん!
    • いろいろ調べ、このページhttp://wiki.debian.org/XStrikeForce/InputHotplugGuide にぶつかった。
    • /etc/default/console-setupをいじればいいようだ。
    • あるいは、/etc/hal/fdi/policy/に設定ファイルを置いてもいいらしい。
    • fdiファイルの書式が変更になったらしい。オプションは、"input.x11_options.XkbOptions"という項目で設定する。(以前は、"input.xkb.options"だった)例えば、
      <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
      <deviceinfo version="0.2">
          <device>
              <match key="info.capabilities" contains="input.keys">
                  <merge key="input.x11_options.XkbOptions" type="string">ctrl:swapcaps</merge>
              </match>
          </device>
      </deviceinfo>
    • /etc/default/console-setupよりも/etc/hal/fdi/policyの方が優先されるようだ。
    • まあ、console-setupに書いておけばいいや。
    • と、いうわけで、/etc/default/console-setupで、
      XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"
      に変更。
  • Compositeを無効化
    Section "Extensions"
      Option "Composite" "Disable"
    EndSection
    すると確かにTerminalの速度は速くなった。 が、デスクトップの速さは改善されず。 ログファイルで警告が出てたんで、xorg.confのAddARGBGLXVisualsの記述を削除。(nvidiaパッケージが自動で書いたやつ)
  • 以下の設定をxorg.confに加え、Ctrl + Alt + BackspaceでXを再起動できるようにした。
    Section "ServerFlags"
      Option "DontZap" "False"
    EndSection

オフィスソフト入れ替え

  • GNOMEオフィスソフトを削除。
    $ sudo aptitude purge abiword gnumeric gnumeric-common gnumeric-doc xubuntu-desktop
    • xubuntu-desktopはabiwordやgnumericを推奨パッケージとして指定しているので、 一緒に削除しないと依存関係が壊れることになる。 xubuntu-desktop自体はメタパッケージと言って、複数のパッケージをまとめてインストールするためだけのものなので、削除しても問題ない。
    • http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=237124
  • OpenOffice.orgをインストール
    $ sudo aptitude install openoffice.org openoffice.org-gtk

Xfce設定マネージャ

  • [キーボード]でショートカットキーを設定。
    amixer set Master 5%+  ->  <Super>Up
    amixer set Master 5%-  ->  <Super>Down
    xflock4                ->  <Super>L
  • [キーボード] - [レイアウト]で「システムデフォルトを使用する」にチェック。
  • [外観]で、フォントのヒンティングを無効化。
  • その他もろもろ

/etc/fstab

Windowsパーティション(FAT32)は、下のようにUID=1000、fsckなしの設定に変更。

UUID=406C-8CCF  /mnt/win        vfat    utf8,umask=007,gid=46,uid=1000 0       0

/boot/grub/menu.lst

  • timeoutを5秒に変更。

/etc/updatedb.conf

updatedbが/mnt以下にマウントしているWindowsパーティションを検索しないように、PRUNEPATHに/mntを追加。

PRUNEPATHS="/tmp /var/spool /media /mnt"

/etc/cron.daily/apt

aptが最大30分も待機するのが許せないので、171行目のRandomSleepを180に変更。

RandomSleep=180

bashrc設定

  • 変更箇所だけ抜粋
    # enable color support of ls and also add handy aliases
    if [ -x /usr/bin/dircolors ]; then
        eval "`TERM=xterm dircolors -b`"
        alias ls='ls --color=auto'
        #alias dir='dir --color=auto'
        #alias vdir='vdir --color=auto'
    
        alias grep='grep --color=auto'
        alias fgrep='fgrep --color=auto'
        alias egrep='egrep --color=auto'
    fi
    
    # some more ls aliases
    alias ll='ls -lh'
    alias ta='ta -i'
    alias go='exo-open'
    
    alias rm='rm -i'
    alias mv='mv -i'
    alias cp='cp -i'

~/.config/Terminal/terminalrc

  • 変更箇所だけ抜粋
    ColorForeground=#000000000000
    ColorBackground=#ffffffffffff
    ColorCursor=#000000000000
    FontName=Monospace 10
    MiscDefaultGeometry=120x24
    ShortcutsNoMenukey=TRUE
    ShortcutsNoMnemonics=TRUE
    BindingBackspace=TERMINAL_ERASE_BINDING_ASCII_DELETE
  • 人によって違うだろうが、自分は端末は白地が好み。
  • BindingBackspaceを設定しておかないと、なぜかscreen(byobu)を起動した状態でバックスペースが効かないという問題に遭遇した。

~/.config/user-dirs.dirs

  • このファイルには「デスクトップ」などに該当するディレクトリ名を記述する。
  • 日本語ディレクトリは許せないので変更。
    XDG_DESKTOP_DIR="$HOME/desktop"
    XDG_DOWNLOAD_DIR="$HOME/dl"
    XDG_TEMPLATES_DIR="$HOME/"
    XDG_PUBLICSHARE_DIR="$HOME/"
    XDG_DOCUMENTS_DIR="$HOME/"
    XDG_MUSIC_DIR="$HOME/"
    XDG_PICTURES_DIR="$HOME/"
    XDG_VIDEOS_DIR="$HOME/"

Emacs

  • .emacs設定
  • 追加モード
    $ sudo aptitude install php-mode css-mode
  • お好みでpukiwiki-modeなども。その場合はまずtDiaryモードをインストール。
    $ sudo aptitude install tdiary-mode

Firefoxアドオン

asfbin

  • wmvファイル結合に重宝していたasfbin(配布元: http://www.radioactivepages.com/ )。 いつの間にかLinux版が出ていたので試した。
  • 必要なライブラリをインストール
    $ sudo aptitude install libstdc++5
  • 使ってみたが、結合後の動画ファイルは音声にノイズがのってしまっていた。
  • これまでどおり、Win版をWine経由で使うことにする。

numlockx

  • 起動時にNumLockをONにするためにnumlockxをインストール。
    $ sudo aptitude install numlockx
  • パッケージにX用のセッションスクリプトも含まれているので、これだけでOK。

ビープ音無効化

  • ビープ音を無効化するために、/etc/modprobe.d/pcspkr.confというファイルを作成。
  • 内容は
    blacklist pcspkr
  • https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=4649 によれば、modprobeの追加設定は/etc/modprobe.dディレクトリに*.confファイルの形で記述するのがよいらしい。

スクリーンセイバー

  • スクリーンセイバーのテーマを追加。
    $ sudo aptitude install xscreensaver-data-extra
    どうやらgnome-screensaverはxscreensaverとスクリーンセイバーのテーマデータを共有しているようだ。
  • 各種スクリーンセイバーテーマのメタデータは/usr/share/applications/screensaversディレクトリに.desktopファイルの形である。
  • スクリーンセイバーの表示を行うプログラムは/usr/lib/xscreensaver/ディレクトリに格納されている。

いろいろパッケージをインストール

  • 開発パッケージ
    $ sudo aptitude install manpages-dev build-essential
  • TeX拡張
    $ sudo aptitude install texlive-latex-extra
  • ドローツールInkscape
    $ sudo aptitude install inkscape
  • VLCメディアプレーヤ・Comix漫画ビューワ
    $ sudo aptitude install vlc comix
  • Wine
    $ sudo aptitude install wine

問題点

デスクトップの描画が重すぎる。

  • 壁紙のせいかと思ったが、そうでもない。
  • なんか知らないけど[設定マネージャ]-[ウィンドウマネージャ(詳細)]から合成処理を有効にしたらむしろ速くなった。なんぞ。が、自分は合成処理はあまり好きではない。
  • Compositeを無効化しても改善されず。
  • /etc/profileに
    export XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=1
    を書いてみたが、変化なし。
  • topを見ながらTerminalのウィンドウを上下に振ってみた。Firefoxを全画面化した上で振ると、 XorgのCPU使用量が25%くらいになる。 一方、デスクトップの上で振ると余裕で99%まで達し、下手するとtopの更新すらままならない。
  • Xfce4設定マネージャも再描画が遅い。似たような原因か?そうでもなさそうだ。
  • Xのグラフィクスドライバをオープンソースのnvに変えたらデスクトップのもたつきは解消された。 やはりドライバ依存のバグらしい。プロプライエタリドライバのバグなので余計タチが悪い。
  • 自分の持っているチップ(GeForce4 Ti 4200 AGP 8x)ではオープンソースドライバでEXAアクセラレーションもGLXモジュールも使えない。
  • しかし、体感速度的に問題なさそうだし、OpenGLを使った3D処理も使う気がしないので、ま、いいか。

コマンドショートカットでCtrlが使えない

  • xfceのコマンドショートカットがCtrlを認識しないせいでショートカットの設定ができない。 xfwmのショートカットではCtrlは使えている(Ctrl + Alt + dとか)が、コマンドショートカット(Ctrl + Alt + Delete)は使えない。
  • 恐ろしいことに、ctrl:nocapsやctrl:swapcapsをconsole-setupで有効にしてはじめて発生するバグのようだ。
  • レポートしておいた。https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/xfce4/+bug/384170

Emacsのスタートページがウザい

  • HardyのEmacsでは起動直後の*GNU Emacs*バッファはキーを触ると直ちに消えたが、Jauntyのやつは残りつづける。
    (setq inhibit-startup-screen t)
    としておけばいいらしい。なるほど。

再起動の度にスピーカがミュートになる

  • 表題のとおり。ログアウト・再ログインでは維持されるが、再起動すると必ずスピーカがミュートになる。
  • 次のようなスクリプトを作り、Xfceセッションで自動起動させることで解決。
    #!/bin/sh
    MIX=/usr/bin/amixer
    SLEEP=/bin/sleep
    
    $SLEEP 15
    $MIX set Master on
    $MIX set Master 50%
    sleepを入れないとうまく動かなかった。

その他、気づいた点

  • 以前はミキサーアプレットがコンスタントにCPUを食っていたけど、改善されたっぽい。機能も強化されてる。
    • 最初、音が出なかったが、ミキサーアプレットをてきとーにいじってミュートを無効化したらちゃんと音が出た。アプレットから音量調整も可能。
  • NetworkManagerの設定ファイルとか、気になるなあ。

update-apt-xapian-index

update-apt-xapian-indexというプロセスがcron.weeklyで毎週走る。 気になったので調べてみた。

このプログラムはapt-xapian-indexというパッケージに含まれている。 xapianというのはサーチエンジンの一種らしく、 apt-xapian-indexはAPTのパッケージデータベースのxapian向けインデクスを構築するプログラムらしい。 このへんのインデクスはSynapticや「追加と削除」でのパッケージ検索に使われるとか。 この機能が必要ないのなら/etc/cron.weekly中のスクリプトをどこか別の場所に移動してしまえばいい。

どうもバグがあるようで、環境によってはupdate-apt-xapian-indexが膨大なリソースを長時間に渡って占有するらしい。 まあ、なくてもそれほど困るようなものでもないだろう。

参考:

気になるバグ

dvipdfmxが使えない (解決済)

Xubuntuのログイン後の待ち時間が異常に長い

xfce4-terminalの再描画が遅い

xfdesktopが起動しつづける

Xorgが遅すぎる

デスクトップアイコンの表示がバグる


*1 バグかなと思ったので、報告した
Last-modified: 2010-03-16 (火) 20:06:44 (3358d)