• 差分
  • リロード
  • 一覧
  • 最終更新のRSS

Xmingを使ってUbuntuのGUIアプリをWindowsで使う

Xming + PuTTY + Ubuntu

  • XmingというのはWindowsで使えるXサーバ。 こいつを使うと、Windowsマシンに対してX転送を行うことができる。 つまり、リモートのLinuxマシンで動くGUIアプリをWindowsで使える。 (といってもインターネット越しのX転送はきついものがあるので、あくまでLAN内での利用が基本)
  • ここでは、UbuntuにインストールされたMathematicaをWindowsから遠隔で利用する シチュエーションで話を進める。
  • テスト環境 : Ubuntu 9.10 (Karmic)

Ubuntu側の設定

  • SSHデーモンをインストール
    $ sudo aptitude install openssh-server
  • フォントサーバをインストール
    $ sudo aptitude install xfs
    これをやらないと必要なフォントを使うことができず、Mathematicaが起動できない。
  • xfsの設定ファイル(/etc/X11/fs/config)を変更。
    • "no-listen = tcp"という記述をコメントアウトし、 リモートからフォントサーバにアクセス可能にする。
    • "catalogue"に、Mathematicaのフォントディレクトリを追加する。
      /usr/local/Wolfram/Mathematica/(バージョン)/SystemFiles/Fonts/Type1
      だいたいこんな形式。
  • で、フォントサーバを再起動
    $ sudo service xfs restart

Windows側の設定

  • PuTTYを使ってSSHでサーバにアクセスできる前提とする。
  • まず、Xmingをインストール。
    • sourceforgeのサイトからダウンロード。
    • インストーラでインストール
      • "Select Components"では"Don't install an SSH client"を選択。(PuTTYはもう持っているので)
      • あとはデフォルト。
  • XLaunchを起動し、接続設定をする。
    • "Select display settings" -> Multiple windows
    • "Select how to start Xming" -> Start no client
    • "Specify parameter settings", "Remote font server (if any)" -> (フォントサーバ名またはアドレス)
    • こいつをどこか適当な名前で保存する。 以降はこの設定ファイルをダブルクリックすればXmingが立ち上がる。

使い方

  • PuTTYでサーバに対して普通にSSH接続する。その際、X転送を有効にしておく。
  • あとは端末からGUIアプリを起動すれば、Windows上にXクライアントのウィンドウが現れる。

参考

Last-modified: 2010-02-18 (木) 00:30:10 (3469d)