• 差分
  • リロード
  • 一覧
  • 最終更新のRSS

LinuxのCUIでデータCDを焼く。

CUIでデータCDを焼く

UbuntuではファイルビューワNautilusを用いてGUIによるCD書き込みができるようだが、 Nautilusはあまり好きではないのでCUIでCDを焼いてみる。

Ubuntu7.04では、 genisoimageというプログラムでisoイメージを作成し、wodimというプログラムで焼けばいいようだ。

genisoimage

以下のようにして指定したpath1, path2 ... からISOファイルを生成する。

$ genisoimage -r -J -o out.iso -V "label" -v path1 path2 ...
-R
RockRidgeフォーマットを使用。Linuxで長いファイル名をサポートする。
-r
-Rオプションに加え、全てのファイルのuid, gidを0(root)にし、パーミッションを適切に変更する。(詳細はマニュアルを参照)
-J
Jolietフォーマットを使用。Windowsで長いファイル名をサポートする。
-V <LABEL>
ISOイメージのラベルを設定する。
-o <FILE NAME>
出力先ファイル名。省略した場合は標準出力へ出力される。
-v
verboseモード
-graft-points
元ファイルのパスとISOイメージ上でのパスを別々に指定できるようにする。

R、JオプションをつけることでWindowsでもLinuxでもロングファイル名を扱えるようになる。 パスにディレクトリを指定するとそのディレクトリ以下を全てISOファイルに入れるようだ。

ISOファイルを作成したら、念のためマウントして内容を確認する。

$ sudo mount -o loop out.iso /mnt/loop
$ cd /mnt/loop
$ ls
 (内容を確認)
$ cd
$ sudo umount /mnt/loop

/mnt/loopの部分はてきとーなマウントポイントでよい。

wodim

ISOイメージの中身が問題ないならCDに焼く。 root権限で動作させたほうが無難なようだ。

$ sudo wodim -v -eject speed=4 dev=/dev/hdc -data out.iso 
-v
verboseモード
-eject
完了後にイジェクトする
speed
書き込みスピード
dev
書き込み先デバイス
-data
データCDの作成を指示する
Last-modified: 2009-05-07 (木) 21:08:48 (3542d)